看板を手軽に作るための既製品の活用

看板を手軽に作るためには一から準備するよりも既製品を使用できるに越したことはありません。目的によって既製品の方が優れている場合もあるので、メリットを生かせるようにオリジナルにするかどうかを検討しましょう。

既製品の看板のデザインの有用性

看板の既製品を使用するのが優れている点として、典型的に必要になる表示内容についてはただ選ぶだけで使用できるということが挙げられます。何か注意喚起をしたい場合や誘導先を明示したい場合には、それに対応したものが大抵は既製品で作られているでしょう。立入禁止、ゴミ捨て禁止などの禁止事項、矢印による誘導先の指示といったものは典型的なものです。このような表示内容のときには大量生産されていることから安上がりになることも多く、そのデザインに特別なこだわりを持つ必要性があまり高くないでしょう。納期も短いことから必要時にすぐに手配できるのもメリットになります。コストパフォーマンスの高さが優れているのが既製品と言えます。

デザイン以外でも優れている点

既製品の看板はデザインだけが作られているわけではなく、プレート型、A型、R型、スタンドなど様々な形のものが既製品として存在しています。それぞれに対応するデザインが提供されていることがよくありますが、そのデザインではなく本体に着目してもメリットがあります。納期が早くて安いという点ではデザインの場合とも一致するでしょう。それに加えて重要なのが形状の安定性です。看板として目的どおりに使用した場合に転倒などのリスクが少ないようにバランスよく設計されていてその使用経験も豊富にあります。信頼性が高いことからデザインがたとえあまり気に入らなかったとしても、本体だけは既製品を使用するというのにメリットがあるのです。

オリジナルにすることで得られる自由と工夫の方法

既製品の看板を使用するとコストパフォーマンスは高くなりますが、自由度が低下してしまいます。既成のデザインではできない主張をしたいというときにはやはりオリジナルのデザインをしなければなりません。また、設置場所の都合で既製品では合わないということもよくあるため、それに合わせてオーダーメイドで看板を作ってもらう必要が生じる可能性もあるでしょう。ただし、既製品も後からプリントするタイプのものの場合には既成のデザインに手を加えてもらえる場合もあります。テンプレートとして使わせてもらうことによってオリジナリティーを高めつつ、手際良くデザインを作成するということも可能です。本体についても簡単に大きさを加工できるものは対応してもらえることがよくあります。