お店のレベルに応じた看板の考え方

たいてい開業する際には小規模なところからはじめて、少しずつお店は大きくなっていくものです。そのため、最初から資金をたくさんかけてというわけにもいかない現状もあります。ここでは段階を踏んだ看板設置の方法について詳しく紹介しています。

初期から安定段階に入るまで

オープンしたばかりで、これからがむしゃらに稼がなければいけないという時期には、来店してくれたお客様をお店のファンにしてリピーターを増やすことに専念しなければなりません。そのため、お店の存在とメッセージをしっかりとアピールできるような看板が必要です。看板に経費がかけづらい時期でもあるので、予算内で表現しきれない補足情報はチョークアート看板など手作りで表現してメッセージを流す方法もあります。手作りのものもあることで、お店の一所懸命さが伝わりやすいものです。そして、少しずつ信頼感ができ、安定して稼ぐことができる時期に入ったら、お店のコンセプトや客層もはっきりとしてくるので、開店時の看板を見直して安心感の伝わるようなものに変更します。

規模を大きくしより稼ぐ時期

安定経営が続きお店をもうひとまわり大きくしたり、それに伴って移転を考えているときにはより多くの人が興味を持ってくれるような看板でアピールしていきます。また、さらに規模を大きくしていくのであれば、より多くの人に認知してもらうことを目的としたお店のブランドをアピールする看板を掲げるようにします。一方、老舗の名店のように、あまり間口を広げずにこのまま商売を続けていこうと考えるのなら、お店の屋号を大切にした看板を掲げることが重要です。このように、お店が安定して規模を大きくしながらより稼いでいこうという時期には、看板と屋号との結びつきが誰がみても明確になるような刷り込みができれば、信頼度や安心感は増していきます。

ブランドの確立とチェーン展開

名前が知れ渡り、大々的に宣伝をしなくても稼げるような時期になるとお店の経営も完全に安定期に入ります。ブランドが確立できているこの時期はお店の名前だけの看板でも十分に勝負可能です。お店の情報をあえて出しすぎないころが、逆にお店の品格を上げることにもつながっていきます。看板の素材などを考慮してお店の品格を向上させる看板を掲げることが大事です。最終的にチェーン展開をするような規模になれば、看板は量産体制に入ります。量産に適応できる素材やデザイン、メンテナンスのしやすさなどを考慮した看板づくりが安定経営を続けるための秘訣です。このように、商売の規模によって看板への情報を出し方やこだわり方も異なるものです。

新聞やTV.経済紙に取り上げられた信頼の実績。 4月から運送料が上がりましたが、お客様のご期待を損ねることのないように、特別料金でお客様のご注文をお待ちしております。 立看板から、のぼり、サインボードなどの店舗用販促品の種類が豊富で、用途や特級仕上げなどご要望にお応えしております。 東京・大阪・名古屋の主要3都市を含む、全国7ヶ所に営業所があり営業マンがお伺い致します! 高品質・低価格の「看板」の専門サイトはこちら